「『ひなた』について、」製作・運営委員会 2010-2019 

CRITICISMS 論攷

「ひなた」には数本の記名単体作品があるものの、出演作の多くは女優名ノンクレジットが基本となる企画作品が主流であり、彼女の作品探査を試みるも程なくして行き詰まり、取組みは繰り返し停滞する。のちの「森山茜」としての再デビューの際も、嚆矢の作品こそ派手やかであったものの、程なくしてオムニバス作品への頻出が顕著となり、その活動形態は「ひなた」時代と同様である。双方の名義とも出演作品数は眇たるものと思われるが、その活動形態故、さらなる未発掘作品の存在も否めない。ここでは既に出演が確認された彼女の参加作品の中から、単体作品・企画作品の一部を摘み、試論として拙文を添えた。