「『ひなた』について、」製作・運営委員会 2010-2019 

FEATURED PROJECTS

「ひなた」、「森山茜」両名義下に於ける、

出演作の中から任意で選出された、ある一片と

その作品に纏わる拙論の集塊

背景として作品に描出される撮影地の数々。

公表されることのないこれらを映像の断片から考査、無益ながらロケーションを立証する。

映像作品、あるいは一塊の寫眞群
役儀として消残る形貌と、それらの演戯歴_

DIGRESSIONS

1. 変容する女優、揺蕩う個性

AV女優は複数の別名所持や活動中の途中改名が珍しいことではない。中には五指に余る別名を持ち同時期に併用する者さえあるが、そうした異名を有する活動には、作品ジャンルによる使い分け、所属先移籍や引退後の再デビューなど様々な要因に依るものがある。ひなたも別名儀出演は数作あるが、彼女の「アキナ」「太田あかり」「水樹香奈」等は、各々が「素人」「現役女子学生」等の…

2. 「10代の甘い髪の香り_」  徒爾の論証

出演作品「10代の甘い髪の香り_」、ひなた編以外の4チャプターに於けるバス走路の挿話毎にみられる差異、あるいは共通点を探り、さらにはレーベル中の同ジャンル他作品にも見受けられる、撮影時の定石的走行ルートと傾向を検証。量産される「路線バス車両が登場するAV作品」にみるメーカーの流儀を推し測る。

3. 成人誌の凋落とその転換

インターネットの隆盛下にあって、ポルノグラフィに特化したウェブサイトはそれを渇望するユーザーの様々な性癖に呼応する形で数多く生産され、過激な性描写を包含する画像、動画は有償・無償の差違こそあれ、今や無修正映像に至るまで容易に閲覧・入手することが可能である。パッケージ商品としてのAVはその煽りを直接的に蒙るかたちで、販売数は甚だ低迷状態にあるといわれている…

当サイトは第一義的にPC閲覧を前提として企図・構成されており、モバイル機器利用による閲覧にあたり、一部記事に文字の判読性不具合やパーツの視覚的不備が生じることから、モバイル機器使用に於いてこれらを割愛せざるを得ず、問題箇所を端末視聴の際不可視としコンテンツを縮約表示しています。