「『ひなた』について、」製作・運営委員会 2010-2019 

「10代の甘い髪の香りは勃起薬!
  満員状態で正面から股間と股間を擦りつけたら
ヤられるか? VOL.1」(2)

DANDY122 2009/01/22

2009 © HIROSUM Entertainment.ltd.co. All Rights Reserved

CRITICISMS 論攷

■本番行為に至らないAV

「10代の甘い髪の香りは勃起薬!満員状態で正面から股間と股間を擦りつけたらヤられるか? VOL.1」では、収録された5編いずれにもAV作品の極致たるべき交接行為が描かれることが無い。多くのAV作品では、走行中の電車やバスを舞台とする痴漢物、その他様々な〈本来的には衆人環視下にあるべき場所〉であろうと、周囲に臆することなく群衆の目前であからさまな本番行為が展開されてゆく。極端に誇張、戯画化されたその様態には羞恥や躊躇は既に皆無であり、当初構築された舞台設定はあえなく霧消してしまう。

「DANDY」にあってもストーリーの導入部こそ実在性の追求が認められるが、作品の核心部に於いては凡そありえない虚構への急転をなし、一様に露骨な性的描写の連鎖へと推移する。但し「DANDY」作品では必ずしもそこに本番行為の包有は保証されておらず、本作ではタイトルにある「股間と股間を擦りつけ」行為達成への執着と、それによって隷従させられた女子学生に扮した女優による、口淫と手淫行為の果てに齎される吐精描写で結ばれている。

「DANDY」作品で頻出する「本番に拘らない」作風はレーベル創立時のコンセプトに準則した常套的なものあり、同レーベル代表兼監督のダンディよしの氏は嘗て雑誌インタビュー上で、本番主体に固着するAV本流の改廃をはかる独自路線の確立を明言している。レーベルの表徴となるロゴに貼附された「ちょいワル」というフレーズもこの基本概念を宣したものであろう。

「10代_」のこうした構成は、あくまで交接描写に拘る一部の視聴者にとって、疎放で精彩を欠き、甚だ粗朴なプロットとして看取される可能性は否めない。本番を行わない一部のAVでは、そのジャンル分けやジャケット、作品タイトルから大凡の中身を推し量ることが可能だが、「DANDY」が男女の絡みを主体とした作品であることはパッケージを一瞥すれば判然としている為、然るべき交接行為の内包を前提として見据える誤認から、レーベルの特性を心得ない視聴者を失望と幻滅へ導きかねない。

 

さりとてECサイトのアダルトカテゴリや、ビデオレンタルサイトのユーザーレビューに投稿された本作に対する視聴者評から忖度されるように、本番行為を描かない本作が、「DANDY」作品群の中で一際精彩を放つ好編の一つであろうことは既に人口に膾炙するところである。畏怖と嫌悪から始動しながら、翻弄の末に陥る淪落までの主役の詳述から表象される背徳、それを体現する女優陣の技巧によって紡がれた各編は、本番行為に至らずとも観るものの高揚感を極点まで充足させ得るものだ。

「10代_」はタイトルに「VOL.1」とあるものの、本作以降長らく続編のリリースには至らず、後年に「DANDY CLASSICS COLLECTION」の一編として、さらに他タイトルとの混合バージョンとして「雨に濡れた女子高生の透けブラと10代の甘い髪の香りは勃起薬!満員状態で正面から股間と股間を擦りつけたらパンティは濡れるか?」(いずれも2012年)が製作されるに留まり、一部作品のようにレーベルに於ける定番コンテンツとは成り得ていない。

「DANDY」では既制作タイトルと同一シチュエーションを反復し、シリーズ化される作品が複数存在しており、「間違えたフリして女子高通学バスに乗り込んでヤられた」「ワザと看護師にせんずりを見せつけたらヤられるか?」などは不定期ながらも同一フォーマットの作品を量産、長寿シリーズとしてレーベルの看板タイトルとなっている。本作は前年よりスタートしたシリーズ作、「~を擦り付けたら_」タイトルのテイストを踏襲、且つ既に定番となっていた路線バス内での情交を描いた作品を合一した派生企画のひとつと考えられ、同時期にリリース開始となった「キスまで3cm」シリーズなどとも序盤を除けば展開は相似しており、作品としての新味はさほど感じられるものではない。
また、2010年発行のムック本「月刊ソフト・オン・デマンド 7月号増刊 DANDY」にはレーベルスタート時からの各年ベスト10作品が挙げられているが、本作発売年の2009年の上位10本の枠内に本作は入っておらず、上述したサイトレビューの感触に反して、既成作品の亜流的印象とセールス面の不振がタイトル固定に至らなかった要因とも考えられる。
継続して続編が企画される長寿シリーズが連なる一方で、「VOL.1」を銘打ちながら量産される新作の中に埋もれ、一向に後続作が登場しない作品も頻出する。本作の余燼も連綿と継続するシリーズ作や頻々と産出される新企画の中で、形姿を変えつつ存続してゆくことになるのだろう。

※2014/5/22に本作の正式な二作目となる「10代の甘い髪の香りは勃起薬!満員状態で正面から股間と股間を擦りつけたらヤられるか?2 メガチ○ポVer.」が発売となる。