「『ひなた』について、」製作・運営委員会 2010-2019 

LOCATIONS 撮影地

職場訪問・出演交渉シーン/DVDジャケットスチル

ターゲットとなる「看板娘」の勤務地はパッケージ表記に「in 十条」とあるように、作品内の5編いずれも十条エリアという設定であるにもかかわらず、実際には同地域にある店舗は登場せず、本編には「ご当地企画」等にありがちな、導入部に提示されるエスタブリッシング・ショットとしての、当該地区の街頭風景さえ収められていない。

撮影は都内各所に散在する実店舗の借用によって行われているが、森山茜が登場する店舗内シーンは開店前取材という体裁であるため、店舗ロケは行われているものの彼女の接客風景は本編中に描写されていない。

・店舗:東京都港区 エスニック料理店

店舗ロケ撮影時スチル

「あやせゆうこ」自宅

・1K部屋:東京都目黒区 マンション(ロケハウス 実際に居住者を有する住居を借用)

 住人自らが住居・所有施設をロケスタジオ斡旋業者に登録、提供することで運営先ロケ地検索サイトに

 掲出、居住者の指定時間帯のなかで希望者に撮影許諾される種類のものである。

「就労店舗」「自宅」とも、作品中には場所特定の根拠たるものは確認することが出来なかったが、ロケ地検索サイトの一覧に本作他チャプターに登場する店舗も含め一括登録されていたことで解明に至った。本作に使用された料理店店舗は利用条件として「アダルト撮影可」の設定(ロケ地検索サイトでの施設使用に関する条項にて)であったので、店舗内で情交シーン撮影が行われなかったのは、制作側の意向、構成上都合によるものであったと思われる。

交渉シーン/DVDジャケットスチル

キャッチコピーで喧伝された地域が全く登場しない上述の「看板娘」とは異なり、本作ではパッケージに謳われる茨城県「つくば駅」周辺の街頭で撮影が行われている。

これは就労風景描写を必須とすることによって、限定地域での撮影地確保に困難を伴う「看板娘」と比べ、路上撮影主体の簡便さを明確に物語るものだろう。

路上での交渉後に訪れるホテルもごく近傍に位置しており、本編中で彼女らが当該地へ向かう際、歩み出す方向とも符合するものである。

茨城県つくば市吾妻1

・つくば駅周辺 ペデストリアンデッキ

街頭ロケ撮影時スチル

交渉合意後、案内される部屋

・茨城県つくば市吾妻1 「オークラフロンティアホテルつくば」本館ダブルルーム 男優は服部義氏